PAUL SCERRI
ポール・シェリーとはニュース製品情報トリートメントお客様の声サロン案内プレスルームオンラインストア
サロンレポートVol.1 アン・ヴィアンタージュ
サロン案内では、全国のポール・シェリー取扱サロンの中から、各地で話題の人気サロンを毎回ご紹介します。
※インタビュー内のコース内容・サロン情報は変更となる場合がございますので、ご予約の際はサロンへ詳細をお問合せください。
東京都自由が丘の閑静な住宅地の中にひっそりと佇む、
隠れ家のようなサロン「アン・ヴィアンタージュ」。
オーナーであるKanae先生のこだわりでもあった、一軒家をまるごと使ったサロンは、ワンランク上の落ち着いた雰囲気を感じさせます。そんな「アン・ヴィアンタージュ」を生み出したフィトセラピスト Kanae先生にお話をお伺いしました。
 ★ Salon Data ★
 ポール・シェリーお取扱項目:フェイシャル、ボディ、スパ
 東京都世田谷区奥沢1-65-11
 TEL:03-3726-0885(11時〜21時)
 http://www.enavantageux.com/
アン・ヴィアンタージュ
サロンレポートTOPへ戻る→
PAUL SCERRI
サロンオープン日とオープンのきっかけについて教えてください。
Kanae先生:平成17年10月にオープンし、今年で5年目になります。私自身いろんなサロンへ行くのが好きだったのですが、自分の五感すべてが満足するサロンがなくて、自分自身で理想のサロンを作りたい!と思っていました。実は、海外生活が長くて、そこでは日常生活の中でハーブが溶け込んでいるんですよね。毎朝の体調に合わせて、庭に咲いているハーブを摘んでハーブティにしたり、シャンプーにハーブを溶かし混ぜてその場で石鹸を作ったりすることが普通で…そんなサロンがないなぁと思い、それなら自分でサロンをオープンさせようと思ったのがきっかけです。
アン・ヴィアンタージュ
PAUL SCERRI
「アン・ヴィアンタージュ」のネーミングについて教えてください。
Kanae先生:フランス語で「優雅な」などを意味する「アヴァンタージュ」という言葉をアレンジした造語なんです。日常とひとつかけ離れた空間で、優雅なひとときを過ごして欲しいという思いがあったんですね。一軒家のサロンということにもこだわっていて、狭い空間ではなく、広々とした空間でお客様に優雅に感じていただきたい想いも込めて「アン・ヴィアンタージュ」と付けました。
PAUL SCERRI
サロンで最も大切にしていることは何ですか?
Kanae先生:セラピスト自身が「幸せ」をプレゼントすると言いますか…セラピスト自身が幸せを感じていれば、その幸せの種をお客様にどんどん差し上げることができる…そこからさらに幸せが広がっていって欲しい、そうした気持ちを一番大事にしています。
PAUL SCERRI
スタッフのモチベーションを上げるために特別に何かされているのですか?
Kanae先生:よくサービス業で朝礼ってありますよね。ああいうのも私たちの場合は、朝礼で幸せになるような言葉を話すようにしています。自分を勇気づける言葉など10個作っておいて、その中からいくつかピックアップし、みんなで復唱してモチベーションを上げています。
PAUL SCERRI
ちなみに、どのような言葉があるのですか?
Kanae先生:例えば「私は愛情と優しさに満ち溢れています」「いつも優しい笑顔で人々に接していきます」「今日も楽しく笑顔に満たされた一日を過ごしていきましょう」といった言葉です。お客様にサロンへ足を運んでいただくことが一番幸せなことなので、セラピスト同士で楽しさや幸せを自慢し合うようにしています。こんなお客様がいらっしゃって、こんな結果が出て、こういう嬉しい言葉をいただいたなど、嬉しかったことや幸せに感じたことをお互いに自慢し合っていくと自然にリピートできて、お客様も増えていくような気がします。
アン・ヴィアンタージュ
アン・ヴィアンタージュ
PAUL SCERRI
サロンの間取りやスタッフ数はどのくらいですか?
Kanae先生:スタッフ数は4名、トリートメントルームも4部屋で、全て個室です。
一番広いお部屋では、カウンセリングもできるようになっています。
PAUL SCERRI
ポール・シェリー導入のきっかけや効果について、いかがですか?
Kanae先生:元々はフィトセラピーがメインで、ハーブをその場で砕いて使うフェイシャルのトリートメントに力を入れていました。ボディにも興味を持ったときに「確かな結果を出す」プラス、やはり「フィトアロマにこだわりたい」一心で、数あるアロマをブレンドする商材を試した結果、自分自身の肌にも合ったということもあり、ポール・シェリーにたどりついたのです。ポール・シェリーは香りの印象が強いですよね。女性は香りで記憶することが多いので、リピートがすごく上がりました。
PAUL SCERRI
先生自身のポール・シェリーお気に入り商品と、ポール・シェリーのここがいいと思う点は何ですか?
Kanae先生:お気に入りの商品は、リンパハーバルオイルです。毎朝晩、全身をマッサージしているのでリンパハーバルオイルの香りがすると言われます。ポール・シェリーの商品は、その日の体調やホルモンのバランスによってアイテムを変えることができるところが本当に良いですよね。毎日バスオイルも香りで選んで入るのですが、それが楽しいです。私は、リラクシング バスオイルの減りが早いんです(笑) アン・ヴィアンタージュ
PAUL SCERRI
サロンの看板メニューは何ですか?また、キャンペーンやメニューの組み立てには工夫をされていますか?
Kanae先生:看板メニューは、体質別のコースです、ポール・シェリーの代表的コースのひとつであるリラクシングのコースよりも断然そちらの方が人気です。キャンペーンについては、来年で5周年になるのですが、毎年何周年記念とキャンペーンを実施しています(笑)。基本的にイベント事が好きなので、毎年シーズンキャンペーンに合わせて、3周年だったり、4周年だったり5周年だったり、考えていますね。内容は、そのときの季節やイベントに応じてその時だけのお得なコースを作ります。例えばバレンタインシーズンには、セラピストがびっくり箱を用意して、お客様にくじを引いてもらって、当たったオプションをプレゼントするなど…お客様との距離を近づけることができるような楽しいキャンペーンを色々と考えています。
アン・ヴィアンタージュ
PAUL SCERRI
お客様に接している中で、印象に残っているエピソードはありますか?
Kanae先生:ポール・シェリーを導入してから、月の周期や生理周期に合わせてトリートメントをご提案しています。女性のライフスタイルに密着する一環で、例えば初めていらしたお客様が定期的に通われて、ご結婚でブライダルに移行して、妊娠されてマタニティコースを受けられて…そしてご出産後の産後ケアという、その一人の女性にご結婚前から密着できることがすごく嬉しいです。サロンは男性禁止なんですが、旦那様がお迎えにいらっしゃることが多く、旦那様から「いつもありがとうございます」とお礼を言っていただいたり…とても嬉しいです。面白いことに、お子様がいる、いないに関わらず、奥様がエステにくることで奥様自身のストレス解消になっているようで、旦那様に優しくできるそうです(笑)。ご結婚されている共働きの方の共通点なんですが、旦那様から「早くエステ行きなよ!」と言われるそうです。
PAUL SCERRI
フェイシャルとボディのトリートメントの比率はいかがですか?
Kanae先生:ボディ&フェイシャルでメニューをご提案させていただいているため、だいたい8割の方が両方セットで受けていらっしゃいます。通われているお客様のほとんどが、もう4年以上来てくださっていますね。だいたい月2回ペースでご来店される方が多く、とてもありがたいと思います。
アン・ヴィアンタージュアン・ヴィアンタージュ
PAUL SCERRI
では最後に、今後のプランについてお聞かせください。
Kanae先生:当サロンでは、すべてにおいて一流を目指したいという思いがあるので、お客様にとって「この価格分の価値があるサロン」という位置付けのサロンを目指しています。それに見合ったクオリティを追求して、サロンを発展させていきたいと思っています。そして、お客様には、ここがステイタスと感じていただけたら嬉しいですね。
PAUL SCERRI
取材後記
Kanae先生、取材へのご協力どうもありがとうございました!今回お話を伺ったKanae先生は、幸せのオーラとパワーを感じさせる、情熱が溢れ出てくるような方でした。きっと、そのパワーがお客様にも伝わっているからこそ、リピートにもつながり、幸せの種が広がっているのだな、と感じました。これからも、Kanae先生とスタッフの方々の熱い想いが詰まった素晴らしいサロン「アン・ヴィアンタージュ」に、益々期待しています!
アン・ヴィアンタージュ
サロン案内
直営サロン
取扱サロン一覧
サロンレポート
PAUL SCERRI PRODUCTS
Salon Report
サロン取材レポートのあるサロン
ル・プランタン
オリエンタルタッチ
セントグレゴリースパ
カレン
ビバーチェ ビューティ
桜ヶ池クアガーデン
テラピースパ COO(クー)
アジアン・セラピーハウス ルナシア
会社概要お問合せご利用条件個人情報保護方針サイトマップ Copyright 2016 PS International Co., Ltd. All rights Reserved.